一定期間更新がないため広告を表示しています

「まめつぶ屋」が提案する和の暮らし。
そして、「オチビサン」の世界を
もっと味わうために。


連載ウェブ企画です(^^)
その名も まめつぶキッチン♪


みなさんに、オチビサンのエピソードから
素朴で優しいレシピをご紹介いたします。
季節の訪れを食卓で感じる料理を、ぜひお楽しみ下さい。



さてさて今月のレシピは…


■江戸時代の伝統料理 オチビのあらたま豆腐
■目にも鮮やか 豆ご飯


特にあらたま豆腐は、みなさまからレシピの要望を多く頂いていた一品です♪
モヨコ先生からレシピを伺い、まめつぶ屋で再現しました。
先生から教えていただいたエピソードと合わせて、お楽しみ下さい♪



ではさっそく一皿目です♪


■江戸時代の伝統料理 オチビのあらたま豆腐



あらたま豆腐とはゆで玉子の上に雷豆腐をかけたもの(byナゼニ)



材料(二人分):
卵     2個    
木綿豆腐  1丁    
しょうゆ  大さじ1    
ネギ    適量
大根    適量
わさび   お好みで  
ごま油   適量


作り方
1 お豆腐は10分ほど置いて水切りします。
  ネギは小口切りにしておきます。

2 卵は半熟にゆでて器に入れます。



3 熱した鉄鍋にごま油を入れ、豆腐を手で崩しながら加え
  手早く混ぜます。



4 醤油を回し入れ、ネギを加えてさっと炒めたら、卵の上に盛りつけます。



5 大根おろしとわさびを添えてできあがり
 (大根おろしに醤油をかけてそれをお豆腐に乗せ好みの味にします)




*雷豆腐の豆つぶ知識:
”雷”と名前のつく通り、炒める時にバリバリとものすごい音がします。
怖がらずに手早く混ぜて下さいね。
”あらたま豆腐”も”雷豆腐”も江戸時代のお豆腐料理なんだそうですよ。お豆腐の下から出てくる半熟卵には江戸時代の人々もワクワクしたことでしょう。
漫画のレシピは本来のレシピではなくネギを抜いています。
というのもパンくいとナゼニが犬なのでネギが食べれないため。
実際に作るときにはネギを加えてくださいね!




ということで、お問い合わせの多かった「あらたま豆腐」、
実は江戸時代のお料理だったとのこと!
作中ではネギぬきですが、美味しく頂くにはぜひネギを入れてみて下さい。
ナゼニが食べそこねた味、ぜひご堪能下さいませ♪




次は目にも楽しい豆ご飯です♪
コメント
コメントする