一定期間更新がないため広告を表示しています

さてさて第二皿目。


寒い夜、ナゼニがコンコンと咳風邪。

「風邪をひいていると、
世界中で自分だけがひとりぼっちのような気持ちになるんだ」


そんな時には、金柑シロップでゆっくりあったまりましょう。


■風邪封じに「金柑シロップのお湯割り」



寒さが厳しくなりました。”冬の小さな太陽みたい”な金柑で
心も身体もほっこり温まって、
風邪やインフルエンザを追い払ってしまいましょう。



材料:金柑   300g
   水    300cc
   砂糖   100g
   蜂蜜   100g

作り方:
1 金柑は洗ってヘタを取り、
  縦に5、6カ所切り込みをいれる(後で種を取りやすくするため)



2 たっぷりのお湯で5分(弱火)ゆでてから冷水にさらし、アクを抜く。


3 楊枝や竹串などで種を取り除く。



4 鍋に材料を入れ火にかけ砂糖と蜂蜜が溶けたら金柑を入れ、
  アクを取りながら弱火で20分ほど煮る(金柑に透明感が出るまで)




5 煮沸消毒した瓶に入れ、あら熱を取ってから蓋をして冷蔵庫で保存。


*金柑の豆つぶ知識
金柑にはビタミンCのほかB1、B2、P(ペルシチン)が豊富にふくまれていて、のどの痛みや風邪に効果があると言われています。
丸ごと食べてもよいですが、ひと手間かけてシロップ漬けにしておくと
お湯で割ったりヨーグルトに入れたり、とバリエーションが広がりますよ。





さて、次はチョコレートの豆知識♪
コメント
コメントする