一定期間更新がないため広告を表示しています

さてさて最後はデザートです!
新商品の珈琲がぴったりな一品

■くりくり羊羹



贅沢に栗を使った羊羹です。酸味と苦みのバランスの良い上品な豆粒珈琲は和菓子にもよく合います。ぜひブラックでお試しください。


大粒で香りの良い品種”筑波”を使いました。栗1kgはこんな感じです。




・材料 (分量は羊羹約4本分)

栗 1kg
砂糖 400g
寒天 1本(水につけておきます)


1 栗の底部分を少し切り、切った部分を下にして鍋に並べて
  15分蒸します(またはゆでる)



2 鬼皮。渋皮をむき、2時間程水にさらす



3 栗をひたひたの水で柔らかくなるまでゆで、
  水気を切って半分位をよくつぶす(後の半分はごろっと形を残す)

4 栗が熱いうちに少しずつ砂糖を加えながら練り上げる

5 水につけておいた寒天をよく絞り、300ccの水にちぎって入れ
  弱火で加熱しながらよく溶かす

6 練り上げた栗の中に溶かした寒天液を少しずつ加えながら混ぜ合わせる
  (寒天液は裏ごし器を通すとよりなめらかに仕上がります)

7 流し箱(またはタッパー等)を水で濡らして羊羹液を流し込み、
  あら熱を取ってから冷蔵庫で冷やし固める




注意
砂糖はお好みで調節してください。
冷やすと甘みを感じにくくなりますので温かいうちに
「少し甘めかな」と感じるくらいがちょうどよいと思います。
流し箱から取り出した羊羹は適当な大きさに切り、
アルミホイルで包んで冷蔵庫でひと月ほど保存できます。
でも早めにお召し上がりくださいね!



《栗の豆つぶ知識》
栗にはカリウムや葉酸、食物繊維、ビタミンCが含まれています。
高血圧、貧血、風邪を予防しお腹もすっきり。美容効果もあります。








いかがでしょうか、まめつぶ屋の新企画。
まめつぶキッチン 神無月編でした♪


来月もお楽しみにして頂ければと思います(^^)
よければみなさんのご自慢の秋レシピや、
今回のレシピ作ってみたよってレポートを頂ければ幸いです。



これからもよろしくお願いいたします。
コメント
コメントする